ワタミ、外食初の「3D飛沫可視化システム」導入

外食 ニュース 2021.03.17 12201号 03面

 ワタミは新型コロナウイルスの感染予防に向け、外食産業で初めて「3D飛沫可視化システム」を導入した。同社の焼肉店「かみむら牧場」で行った調査では、店内の空気が3分間ですべて入れ替わり、空気中に浮遊する飛沫(ひまつ)が急速に減少することが実証された。その可視化映像を店頭で放映し来店客に安全性をアピールするほか、実証分析結果と対策ノウハウを他業態にも活用する方針だ。
 同システムは、風況シミュレーションやCAE設計解析などを手掛けるテックレボリューションが