居酒屋系企業各社が奮闘 脱アルコール・小売業参入など抜本的収益構造改善へ

外食 ニュース 2021.08.02 12270号 03面
サントリーホールディングスの完全子会社となったダイナックホールディングスの事業会社であるダイナックでは、これまで得意としていた「オフィス街宴会」を脱した居酒屋「酒場ダルマ」を開発した

サントリーホールディングスの完全子会社となったダイナックホールディングスの事業会社であるダイナックでは、これまで得意としていた「オフィス街宴会」を脱した居酒屋「酒場ダルマ」を開発した

 居酒屋系の外食企業ではコロナ禍で業績を大きく落としていて、店舗従業員の一時帰休、人件費水準の切り下げなどによる人件費削減、家賃の減免交渉、新規投資の圧縮、採算店舗の退店や業態変換に積極的に取り組み、利益確保に努めている。そして、抜本的な収益構造の改善のために大きく動き出している。その多くがこれまでの事業にはない「脱アルコール」「ファミリー対応」「小売業へ参入」となっているが、その顕著な事例を紹介しよう。(千葉哲幸)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら