森永乳業「ビフィズス菌M-16V」がシンガポールで乳幼児栄養賞 日本企業で初

日本企業初の受賞となった

日本企業初の受賞となった

 森永乳業の「ビフィズス菌M-16V」が9月24日、シンガポールで開催されたNutra Ingredients-Asia Awardsの乳幼児栄養部門で、日本企業として初めてInfant Nutrition Ingredient of the Year(乳幼児栄養賞)を受賞した。  同式典は、アジア圏の食品やサプリメントなどの栄養産業で、革新性・卓越性のある最先端の研究を表彰するもの。「ビフィズス菌M-16V」は、乳幼児栄養部門における赤ちゃんの健康を守るための研究が認められ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら