旭松食品、こうや豆腐で技術革新 減塩・高カリウム品を投入

農産加工 ニュース 2014.01.10 10947号 02面

 【関西】旭松食品は、主力のこうや豆腐で、重曹(重炭酸ナトリウム)による膨軟加工を炭酸カリウムに切り替えた新製法(特許出願中)を開発。減塩(ナトリウム)かつ高血圧や脳卒中予防に有効とされるカリウムを多く含む健康志向対応商品を4月1日、新発売する。こうや豆腐の技術革新は、業界最大手の同社が、アンモニア膨軟加工を重曹に切り替えることで、湯戻し不要の簡単調理や長期保存、ソフトで滑らかな食感などを可能にした71年以来、40年以上ぶりとなる。  低ナトリウム・高

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら