ファンケル、「第3期中期経営計画」スタート

総合 ニュース 2021.05.19 12229号 03面

 ファンケルが今期スタートさせた「第3期中期経営計画」では、社会環境の変化に即応し、国内外で持続的な成長を実現。最終年の23年、売上高を20年比14.1%増の1200億円、営業利益同30.4%増の150億円の達成を目指す。
 まず、独自ノウハウ・インフラを活用し通販と店舗販売の融合に取り組んでいる。両チャネルを使う顧客は、片方より継続率は1.5倍、年間購入金額は3倍に達することから、IT活用で顧客情報を一元化する。
 健康食品事

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら