神明、一気通貫で生産者支援 「日本の水田守る」

卸・商社 ニュース 2021.06.07 12240号 03面

 コメ卸最大手の神明グループは「お米を通じて素晴らしい日本の水田、文化を守る」を掲げ、調達のリソースとなる農業分野へのアプローチを強化。稲作が動画で学べるeラーニングサービス「お米未来塾」を展開するほか、中枢の米穀事業本部に農産部農産開発室を設置し、農業機器や種苗メーカーなど異業種とタッグを組み、AIを活用したスマート農業から川下の出口戦略まで、「一気通貫の支援に特徴がある」(古満考雄農産開発室マネージャ)。
 コンセプトは農業生産性や農家所得の向上な

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら