幸南食糧、コメ加工品の輸出強化 26年に5億円目指す

農産加工 ニュース 2024.07.10 12787号 01面
川西孝彦社長

川西孝彦社長

 有力米穀企業・幸南食糧は、自社製造の冷凍米飯やレトルト製法のパックご飯・粥など、加工品の輸出を強化する。有力コメ卸の同社だけに長年、精米で米国やシンガポールなど12ヵ国に実績を持つ。23年11月から始めた加工品の輸出額は前期(6月期決算)、1億円に到達し、26年には5億円達成を目指す。
 川西孝彦社長は「海外で日本米のおいしさは知られるが、精米では価値が伝わりにくい」と痛感。そこで昨年初、自前のレトルト米飯製造設備に、冷凍米飯製造ラインを本格稼働させ

購読プランはこちら

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

書籍紹介