セイノーロジックス、欧州向けに食品混載輸送サービス開始 リスク最小限へ

卸・商社 ニュース 2013.11.29 10930号 01面

 セイノーホールディングスのグループ会社で、海上輸送事業を担うセイノーロジックスは12月から、欧州向けに食品の混載輸送(LCL)サービスを始める。欧州でも日本食の需要は高まっているが、福島原発事故後の輸入規制が容易に緩和されないなどの理由から、積極的に輸送を受ける事業者がほとんどないという。同社では独自のノウハウや輸送ルートを利用したサービスの提供により、欧州市場へ輸出したい食品メーカーのニーズを取り込む構えだ。(篠田博一)  同サービスは複数の荷主から集荷した食品を混載でコ

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら