SRSホールディングス、AI搭載のロボット食洗システムを共同開発

外食 展示会 2020.02.26 12018号 12面
ロボットが茶わんを持ち上げて洗浄し、棚に並べる

ロボットが茶わんを持ち上げて洗浄し、棚に並べる

 SRSホールディングスは、2019年からコネクテッドロボティクスと共同で、AI搭載のロボット食洗システムの開発を進めている。18~21日に千葉・幕張メッセで開催した「国際ホテル・レストラン・ショー2020」に、コネクテッドロボティクスが同ロボットシステムを出展し、実機を初公開した。  同社は中期経営計画で、高騰する人件費に対応するためイノベーションによる省力化・効率化を中核骨子に定めており、洗い場作業を軽減することで、店舗生産性の向上を目指す。  共同開発する同ロボットシス

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら