SFSS、「食のリスコミフォーラム」開催 元農水省中村氏ら、産地偽装など議論

 ●産地の本気度が重要
 今年1月にTV報道されたアサリの産地偽装問題を機に、産地表示の適正化に関する議論が活発化している。オンラインセミナー「食のリスコミフォーラム」を主催する食の安全と安心を科学する会(SFSS、山崎毅理事長)は、6月26日の同フォーラムで輸入食品をテーマに取り上げ、日本輸入食品安全推進協会の天明英之氏が「食品表示は食品事業者と消費者をつなぐ信頼のきずな」という理念の下、現行の原産地表示制度や輸入食品の監視体制について概説。