中部メイカン、前期は増収減益に

卸・商社 決算 2021.05.14 12227号 03面

 【中部】中部メイカン(本社=岐阜県・小寺仁康社長)の2021年3月期業績は速報値で、売上高が前年比9%増の118億1900万円、営業利益が同17.9%増の1億1200万円、経常利益がBCP設備の前年導入における補助金の影響で同3.5%減の1億9500万円での着地となった。
 グループ全体の20年度業績は、売上高が364億8900万円、経常利益が4億0700万円。中でも、メイカングループ(旧・静岡メイカン)が売上高を前年比11億円程度押し上げ高い伸長率

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら