フジッコ、インドネシアで合弁事業開始

水産加工 ニュース 2021.05.28 12233号 03面

【関西】フジッコがインドネシアで、現地の日系食品商社「マスヤグループ」の創業者である市原和雄氏ほか2人と合弁事業を開始した。同社の合弁による海外事業展開は初めて。

「マスヤグループ」は1987年に創業したインドネシアの日系食品商社の先駆的な存在で、30年以上にわたり、常温・低温帯物流網を有し、卸売業およびスーパーマーケットなどを経営している。

すでに今年3月末に出資の上、合弁会社化が完了し、ハラール認証(イスラム教徒認証)を取得した既存の食品工場の改修を5月から進めており

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら