東海流通特集:地域スーパートップインタビュー=ファミリーストアさとう・佐藤祐介社長

小売 特集 2015.04.30 11174号 05面
佐藤祐介社長

佐藤祐介社長

人気の「あげづけ」。2年前の3~4倍の売上を維持

人気の「あげづけ」。2年前の3~4倍の売上を維持

 ファミリーストアさとう(佐藤祐介社長)は、岐阜県高山市に6店舗を展開。同市は中部有数の観光地で14年は5年ぶりに年間観光客が400万人を超え、15年はさらに増加の見通し。高山の食材も注目度が高く、例えば「あげづけ」が一昨年にTVなどで再注目されてから人気となり、今も2年前の3~4倍の売上げを維持。佐藤祐介社長は「地元食材をあらためて見直すきっかけとなった」と、週末は観光客の来店も多い。その同市もここ3年は異業種を含めた競合が激しく、特にCVS最大手の出店が集中。当初は弁当や