日本乳業協会、農水省へ異例要請 乳製品の追加輸入求める

川村和夫会長

川村和夫会長

 日本乳業協会の川村和夫会長は4日付で、農林水産省へ乳製品の脱脂粉乳・バターの追加輸入・放出の要請文書を提出した。国内の生乳生産回復の遅れなどで乳製品不足が解消できず、需要に応じた供給体制が困難なため。08年に社会現象となったバター不足でもこうした要請は行っておらず、極めて異例の対応だ。  要請文書は、生産局畜産部牛乳乳製品課の森重樹課長宛に提出したもので、「平成26年度内の早期にバター5000t、脱脂粉乳1万2000tの輸入・放出を実施すること」を求

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら