玉垣製麺所、七夕にそうめん寄贈 地元保育園などへ500袋

小麦加工 ニュース 2020.07.15 12081号 04面
七夕に千手さくら保育園で寄贈式を行い、園児にそうめんをプレゼントする玉垣哲郎社長(左)

七夕に千手さくら保育園で寄贈式を行い、園児にそうめんをプレゼントする玉垣哲郎社長(左)

 【新潟】玉垣製麺所は七夕に合わせ「妻有(つまり)そうめん」を十日町市の保育園など全22施設に500袋寄贈した。7日には、千手さくら保育園で寄贈式を行い、玉垣哲郎社長が園児へ贈呈した。  玉垣社長は「皆さんに食べてもらいたくて持ってきた。今日はそうめんをたくさん食べて元気よく育ってください」とあいさつ。当日の給食で園児に振る舞われた。  妻有地方では昔から、めでたい時に必ずそばを食べる習慣があるという。また、七夕にそうめんを食べる風習は、芸事がうまくなるように、健康を願って行

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら