三幸、魚介ぬか・こうじ漬6品を発売 県産乳酸菌発酵食第1弾

 【新潟】三幸は、雪室育ちの乳酸菌で作る発酵食第1弾として、厳選した銀鮭・ぶり・いかを漬けた「発酵米こうじ」「発酵煎りぬか」6品を3月29日から発売した。「新潟の発酵食研究会」に参加して県保有の特許菌株「乳酸菌ウオヌマ株」を使用。今後第2弾として、県産の魚介類や名産のかんずり、越後味噌との組み合わせなどさらに進化した発酵食開発を進めていく。
 「新潟の発酵食研究会」は、雪国の発酵食文化発信事業として、県産品の認知度・食のイメージ向上のために県が19年に

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら