日本アクセス、第8次中計を始動 圧倒的競争優位を 売上げ3000億円上積み

卸・商社 ニュース 2022.05.30 12406号 01面
佐々木淳一社長

佐々木淳一社長

 日本アクセスは今年度始動の第8次中期経営計画(2022~2024年度)で、圧倒的な競争優位性の獲得と売上げ規模3000億円の上積みへ挑む。商品開発機能を軸とした差別化戦略、内・中・外食のシームレス化に対応した業務用分野の拡大を目標達成の重点に据える。最終24年度の定量目標は売上高2兆4204億円(21年度比14.1%増)、経常利益278億円(同16.3%増)、純利益189億円(同16.0%増)を計画。物流拠点の整備やITインフラなどへ3ヵ年で500億円を投資する。(山本大介