日本ハム冷凍食品・阪本社長、ゴジラ販促進化 “らしさ”追求し増収増益に

大陳用のPOPを用意しゴジラ販促強化をアピールする阪本将文新社長(中央)

大陳用のPOPを用意しゴジラ販促強化をアピールする阪本将文新社長(中央)

 日本ハム冷凍食品は4月1日から、阪本将文代表取締役社長が新たに就任した。4日に本社で会見を開き「日本ハムらしい日本ハムならではの冷凍食品を皆で考えて商品化する会社にしたい」と意気込みを語り、25年3月期も増収増益を目指す。特に今期は冷凍畜肉惣菜「シェフの厨房鉄板焼ハンバーグ」で、昨年好評だった映画「ゴジラ-1.0」とのタイアップを進化し販促展開を強化していく方針を示した。
 阪本社長は日本ハムに入社以来、食肉加工品の販売に携わってきた。「日本ハムには

購読プランはこちら

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら