備える 10%消費税(5)食品スーパー 影響軽微で延期に安堵も 制度に不透明感

小売 連載 2015.04.22 11170号 01面

 「想定内だった。影響は少なかった」--。昨年4月の8%への消費税率引き上げを振り返って、食品スーパー(SM)の声だ。当初、15年10月に予定されていた10%への引き上げも延期され、最需要期の年末年始を回避できたため、今年の不安材料が一つ減った。ただし2年後の17年4月は不透明感が強い。高齢化がさらに進んだ状況で物価上昇と所得伸びの関係、軽減税率や総額表示の緩和の行方がまだ未知数だからだ。  17年ぶりの増税となった昨年4月の消費税率5%から8%への引