ツルハホールディングス、青果・精肉を拡大 SMのM&Aも選択肢

小売 ニュース 2020.07.08 12077号 10面

 ツルハホールディングス(HD)は今期、青果と精肉の導入を拡大し、来店頻度の向上を図る。さらに将来的には食品スーパーのM&A(企業の合併・買収)も選択肢として考える。そのほかドラッグストア(DgS)としてヘルスケア機能を強化するため、管理栄養士の活用も積極的に進める方針だ。  青果、精肉の取り扱いは傘下企業のツルハグループドラッグ&ファーマシー西日本で島根県、鳥取県、広島県で昨年から導入し、その成功事例を見てツルハでも北海道や東北エリアを中心に展開を進めており、店の周辺環境に

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら