オーケー、前期2桁増で4000億円突破 既存店6.9%増

小売 決算 2020.07.29 12088号 14面

 オーケーの前20年3月期連結業績は売上高4360億4892万円、前年比10.6%増、営業利益227億0212万円、同25.1%増と増収増益だった。既存店売上高が前年比6.9%増と大きく前年を上回り、経費率も16%前半になった。新型コロナウイルス拡大予防による内食化、不安心理による食料品や紙製品のまとめ買いは想定以上の需要増をもたらしたという。  前期の取組みでは、19年9月に常温食品を扱う寒川物流センターと流山物流センターが、11月には川口物流センターが稼動を開始し、20年

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら