上場3月期SM9ヵ月決算、全社増収増益に 内食特需続く

小売 決算 2021.02.24 12192号 12面

 上場する食品スーパー(SM)の21年3月期第3四半期累計(20年4~12月)の9ヵ月決算は全9社が増収増益で、新型コロナウイルスによる内食の特需が好業績を押し上げた。2月以降はコロナの影響が一巡するものの、緊急事態宣言の再発出と延長で自粛傾向が強まり、既存店売上高の伸び率は高い。通期業績も第3四半期時点でほぼ達成できる水準をすでに確保しており、前年同期に利益面で苦戦した企業も大幅に回復している。財務体質を改善し、経営基盤を強化して成長戦略につなげられるかが問われる。(山本仁

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら