データで読み・解き・探る食の今:23年上半期GMS・SM 値上げの影響顕著

小売 統計・分析 2023.08.09 12624号 11面

●惣菜もけん引

23年上半期(1~6月)のGMS、SMの販売動向は両業態とも前年を上回った。食品の値上げの影響が影響し、客単価が上昇したのが売上げを押し上げた。部門別ではアフターコロナに移行する中、人流の活発化による中食需要の増加で惣菜が好調で全体をけん引した。売上げは前年を上回っているものの、節約志向が強いとの声も聞く。

GMSを中核とする日本チェーンストア協会(JCA)の統計では、今上半期の販売総額は6兆5514億円、全店・既存店とも前年比1.4%増だった。全店で3年

購読プランはこちら

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら