2021新春の抱負:日本醤油協会・堀切功章会長 激変する社会に対応

 昨年は新型コロナ禍が社会生活に未曽有の影響を与え、感染対策と経済活動の両立に世界中が苦闘する一年となりました。
 われわれの食品業界も大きな影響がありました。国内では巣ごもり需要で家庭での内食が見直され、醤油をはじめとする調味料にも特需が発生しました。外出制限やテレワークの普及がライフスタイル全般に変化を与え、調理の楽しみや家族だんらんの食卓といった、薄れつつある食の価値を見直す動きにつながったことは大変に意義のあることです。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら