ミツカングループ、上期減収 納豆7期連続増収に 食酢は「酢の力」で復調

調味 決算 2021.11.29 12330号 01面

 ミツカングループは3~8月の今上期、家庭用が大幅に伸ばした前年売上げに届かず、全体で減収した。国内外で反動減に陥ったが、納豆は7期連続で増収し、欧州も拡大した。食酢は機能性を伝える「酢の力」コミュニケーションを強めて復調。前年実績に近づける。
 非上場だが、25日に決算を開示し、メディア発表会を行った。グループ売上高は上期、前年比7%減の1145億円。エリア別では日本+アジアが同2.2%減の575億円、北米が同14.3%減の496億円、欧州が同14.

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら