ミツカングループ、変化対応を加速 経常益半減も家庭用堅調

調味 ニュース 2022.06.08 12412号 01面
中埜裕子ミツカンHD社長

中埜裕子ミツカンHD社長

 ミツカングループは今2月期、社会変化への対応速度を上げる。前期から家庭調理が減って苦戦し、即食・簡便、健康志向、原材料高に応じる。食酢は健康機能を実感してもらう「みんなのお酢活」をはじめ、納豆はたれで新たな体験価値を届ける。前期決算は経常利益が半減したが、主に基幹システムの更新と事業投資の費用。家庭用はコロナ前の19年比で微増、5月からの底上げを確かにする。
 今期も調味料市場は厳しく、外食が回復していると判断する。祖業の食酢は「お酢活」で健康志向の