92国際食品・飲料展開く 人気を博した寿司ロボ(国際ホテルレストランショー)

1992.04.06 1号 14面

第20回、国際ホテル・レストランショーは、3月10日~14日の5日間、晴海の展示場で開かれたが、ここで注目されたのは、鈴茂器工㈱が出品した包装すしロボットである。一分間三〇個から六〇個まで自由に出来上がる。この機械があれば、職人はまったく必要なく、パートの女性でも十分間に合うという。弁当屋、あるいは、給食センターなどに最適という。当日、出品したのは、すしロボット以外で、炊飯システム、のり巻きロボット、いなりずしロボット、おむすびサンドロボット、などである。また、同社は、このロボットを組み合わせた、新しい厨房システムを提案しており、未来型テイクアウト店を売り込んでいた。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら