ワケありの盛り付け:具材自由なスパイスカレーは赤、黄、緑でにぎやかに

2020.01.06 491号 09面
副菜は高さを出して盛り付け。中央にアクセントとなる素揚げ野菜をのせる

副菜は高さを出して盛り付け。中央にアクセントとなる素揚げ野菜をのせる

 一般的なカレーには使わない具材も積極的に取り入れ、独創的なスパイスカレーを提供している「旧ヤム邸 シモキタ荘」。そのおいしさもさることながら、同店の盛り付けは華やかで目を引く。

 「パッと見ておいしそうと思ってもらえるよう、視覚的なおいしさにこだわった」と、調理担当の西嶋勇氏。「混ぜて食べてもおいしそう」と思わせる盛り付けが見事だ。

 「カレーにはどんな食材でも合う」(西嶋氏)ことから、同店では使う食材にタブーはなく、その分、味のバランスと彩りを重視。同じ系統の色ばかりにならないよう、赤、黄、緑色のビタミンカラーが揃うようにし、彩りのバランスを考えて配置しているという。同店のスパイスカレーは添える副菜が多いため、「ごちゃっとならないように気をつけ、高さを出して立体的に盛り付けるようにしている」と、西嶋氏は話す。

 周囲を囲む副菜がにぎやかでオリエンタルな印象で、中央にドカンとのった素揚げ野菜も盛り付けの絶妙なアクセントになっている。

 ●店舗情報

 「旧ヤム邸 シモキタ荘」

 所在地=東京都世田谷区代沢5-29-9 ナイスビル1階

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら