TAKE OUT調査 ますますレベルUP!東京カレー図鑑 アレンジ進化中、テイクアウトカレーの世界

2020.08.03 498号 08面
「ビーガンキーマカレー」750円(税込み) 470g side menu「サーモンと人参のロースト」280円(税込み)

「ビーガンキーマカレー」750円(税込み) 470g side menu「サーモンと人参のロースト」280円(税込み)

「豆乳グリーンカレー」698円(税込み) 404g

「豆乳グリーンカレー」698円(税込み) 404g

「1/3日分緑黄色野菜雑穀米のスープカレー」539円(税込み) 397g

「1/3日分緑黄色野菜雑穀米のスープカレー」539円(税込み) 397g

「トリプルカレー」2,450円(税込み)(左から時計回り)キーマカレー+ライス434g、辛口伊達鶏カレー158g、ときえカレー170g

「トリプルカレー」2,450円(税込み)(左から時計回り)キーマカレー+ライス434g、辛口伊達鶏カレー158g、ときえカレー170g

「一日分の野菜カレー」1,040円(税込み) 具材+ライス524g、カレー185g

「一日分の野菜カレー」1,040円(税込み) 具材+ライス524g、カレー185g

「カレー弁当」1,300円(税込み) 464g

「カレー弁当」1,300円(税込み) 464g

「ペタ弁」1,100円(税込み) 476g

「ペタ弁」1,100円(税込み) 476g

「ビーフカレー弁当」810円(税込み) 536g

「ビーフカレー弁当」810円(税込み) 536g

「餃子カレー弁当」734円(税込み) 餃子+ライス438g、カレー168g

「餃子カレー弁当」734円(税込み) 餃子+ライス438g、カレー168g

 提供しやすくワンハンドで食べられるカレーは、テイクアウト(以下、TO)向きのメニューだ。最近のTO需要の高まりを受け、TOカレーはより新しく、個性豊かに進化している。味わい、具材、健康感で個性を主張しているタイプや、また、従来のカレー専門店ではないジャンルの店がカレーを打ち出し、意外な魅力で好評を博す例も多い。東京都心で多彩に広がるTOカレーに迫った。

 ※g数は購入商品を編集部で実測した数字(容器込み)です。/本記事に掲載されている商品は取材購入時の情報です。現在の販売状況は定かではありません。

 ●「評」容器、盛り付け、おいしさの個性が光る

 飲食店におけるTOカレー戦線は、もはやおいしいのは当たり前で、具材や盛り付け、新しい方向性など、ハイレベルな争いに突入している。今回調査した中では、TOカレーのブラッシュアップ策として、具材では「野菜の主張」「これまでにない食材、トッピングの採用」が、盛り付けでは「彩りと華やかさ重視」「蓋を開けたときのインパクト」が、味の面では「新しい美味の追求」「異ジャンルからのカレー提案」などのキーワードが浮かび上がった。

 ◆「ビーガンキーマカレー」750円(税込み) 470g

 side menu「サーモンと人参のロースト」280円(税込み)

 「ALOHA SALADS Deli 丸ビル店」 東京都千代田区丸の内2-4-1丸の内ビルディング地下1階

 ●中高年男性にも大人気の意外性

 ヴィーガン向け大豆ミートのキーマカレーが最近急増。後味が軽く、「体にいいものを食べている」感がよし。女性好みと思いきや、意外なことに中高年サラリーマンにも人気が高い。

 万人ウケ–★–ツウ好み

 特別感★★★☆☆

 個性★★★★★

 ◆「豆乳グリーンカレー」698円(税込み) 404g

 「梅の花 銀座三越店」

 ●豆腐料理店が作る和風のタイカレー

 豆腐料理店が提案するコクのある豆乳ベース。ナス、インゲンなどの和を感じさせる野菜入りで、オリエンタルなグリーンカレーが和風にアレンジされ、しっとりとした魅力がある。

 万人ウケ—★-ツウ好み

 特別感★★☆☆☆

 個性★★★☆☆

 ◆「1/3日分緑黄色野菜雑穀米のスープカレー」539円(税込み) 397g

 「成城石井」

 ●ごろごろ具材でコスパも最強!

 ごろごろ野菜で健康感を打ち出しつつ、唐揚げ入りで満足感もあり。「スープカレー」だが粘度ほどほどで食べやすい。コスパも高く、このバランス感覚のよさはさすがの成城石井!

 万人ウケ★—-ツウ好み

 特別感★★☆☆☆

 個性★★★☆☆

 ◆「トリプルカレー」2,450円(税込み)

 (左から時計回り)キーマカレー+ライス434g、辛口伊達鶏カレー158g、ときえカレー170g

 「東京 京橋屋カレー」 東京都中央区京橋3-4-3千成ビル2階

 ●一度は食べてみたい高級TO専門店の味

 無添加、グルテンフリーで、体によい食材を使ったカレー。「高級TO専門店のカレー」を掲げており、期待が高まる。他店のカレーとは一線を画すぜいたく感がうれしい。

 万人ウケ—★-ツウ好み

 特別感★★★★★

 個性★★★★☆

 ◆「一日分の野菜カレー」1,040円(税込み) 具材+ライス524g、カレー185g

 「野菜を食べるカレーcamp 代々木本店」 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-29-11 玉造ビルII地下1F

 ●野菜をどっさり別盛りにした発想

 「野菜を摂りたいときはココ」といわれるカレー店のTO品。野菜をルウの中ではなくライスとも別にし、これでもか!とドカ盛りにする発想が秀逸。ルウをどちらにかけるかはお好みで。

 万人ウケ★—-ツウ好み

 特別感★★★☆☆

 個性★★★★★

 ◆「カレー弁当」1,300円(税込み) 464g

 「カレーの惑星」 東京都世田谷区北沢3-34-3石川荘1階

 ●華やかな盛り付けを巧みに再現

 スパイスカレーの人気店が提供するカレー弁当。ライスの上にキーマを華やかに盛り付け、もう1種のエビカレーをおかず部に別盛りで提供する手法は、食べやすさの点でもナイス!

 万人ウケ-★—ツウ好み

 特別感★★★★☆

 個性★★★★☆

 ◆「ペタ弁」1,100円(税込み) 476g

 「ペタンク」東京都台東区浅草3-23-3上野ビル

 ●”和仏印”が融合 ビストロの弁当

 下町フレンチビストロが作る味噌キーマカレー。通常は同店名物のアンチョビマヨネーズをかけた半熟卵「ウフマヨ」がのるようだが、購入日はスクランブルエッグだったのが残念。

 万人ウケ—★-ツウ好み

 特別感★★★☆☆

 個性★★★★☆

 ◆「ビーフカレー弁当」810円(税込み) 536g

 「サンマルコ 東武池袋店」

 ●昭和レトロのごちそう感漂う

 関西を中心に展開しているヨーロピアンカレー店のTO品。高級アイスクリームのような容器と添えられたレーズン、ピクルスが昭和の上品なレトロ感を漂わせていて、気分がアガる。

 万人ウケ-★—ツウ好み

 特別感★★★☆☆

 個性★★★☆☆

 ◆「餃子カレー弁当」734円(税込み) 餃子+ライス438g、カレー168g

 「東京餃子楼 京橋店」 東京都中央区京橋2-2-1京橋エドグラン地下1階

 ●庶民派グルメの無敵コラボ弁当

 「カレー+餃子」という無敵コラボ。餃子店が提案しているだけに、餃子がただのトッピングではなく主役になっているのがイイ。カレーには意外と何でも合うことに気づかされる。

 万人ウケ★—-ツウ好み

 特別感★★☆☆☆

 個性★★★★☆

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら