有名チェーン店の着眼点 新メニューFile:焼肉ライク・かっぱ寿司 モーニング提供開始

2020.10.05 500号 04面
愛知県、岐阜県で展開している「かっぱ寿司」の朝食メニュー(一部抜粋)。うどん、汁物、ラーメンのいずれかがセットで付く

愛知県、岐阜県で展開している「かっぱ寿司」の朝食メニュー(一部抜粋)。うどん、汁物、ラーメンのいずれかがセットで付く

「焼肉ライク」新橋本店、田町芝浦店の朝食メニュー

「焼肉ライク」新橋本店、田町芝浦店の朝食メニュー

 ◆朝食イメージのない業態がモーニングを提供開始する新展開

 ●着眼キーワード:モーニングメニュー

 「焼肉のファストフード店」を掲げ、一人焼肉の外食文化を一気にメジャー化した「焼肉ライク」が、8月から新橋本店で、9月から田町芝浦店で、朝食メニューの販売を開始した。

 同店を展開するダイニングイノベーションの広報によると、朝食のイメージがない焼肉でモーニングを開始したのは、「もともと新橋本店は開店時間前から行列をつくることが多く、また、このコロナ禍でオフピーク通勤が促進され、早朝に出勤する人が増加する、と見込み、実施を決めた」という。

 その狙いは当たり、出社前のビジネスマンや深夜勤務明けのお客などを中心に、集客は好調。これを受けて田町芝浦店でもモーニングを開始し、さらにはビジネス街や駅近隣店舗などの展開も見据えている。

 一方「かっぱ寿司」も「朝の時間を有効活用したい」というニーズを受け、大手回転寿司チェーンでは初の朝食メニューのテスト販売を朝8時から開始した。まずはモーニング文化が根付いている愛知県の3店舗で7月から朝食メニューを提供。こちらも好評で、9月からは提供店舗を愛知県、岐阜県の全店に拡大した。

 焼肉、寿司はこれまで朝食向きではない、とされてきたが、生活スタイルやニーズが多様化したことで、今や多くの消費者に受け入れられるようになっている。今後は、「朝ラーメン」や「朝スイーツ」など、朝食のイメージではなかった外食メニューにも、モーニング文化が広がっていくのではないだろうか。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら