育脳・認知症予防にn-3系脂肪酸を含むアマニ油を! 日本製粉『アマニセミナー』から

2013.05.10 214号 07面

「アマニ油入りシリアルヌガー」

「アマニ油入りシリアルヌガー」

 日本製粉(株)は先月、アマニ油の魅力をもっと知ってもらおうと『アマニセミナー ~アマニ油食生活のすすめ~』を開催しました。

 アマニとは亜麻という植物の種子のこと。アマニから低温圧搾法で搾油したアマニ油には、n-3系脂肪酸(オメガ3)の1つであるα-リノレン酸が豊富に含まれています。α-リノレン酸は身体の中に入るとその一部が、青魚などに含まれているEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)へ変わります。「日本人の食事摂取基準2010年度版」(厚生労働省発表)では、1日の摂取量が50~60代女性で2.1g以上、男性で2.4g以上が目標量とされ、体内で生成されない必須脂肪酸のため、食事から摂取する必要があるとされています。

 ◆脳を活性化させる食生活を

 セミナーでは、高齢者医学の第一人者である林泰史氏と、料理家・管理栄養士の小山浩子氏のトークが繰り広げられました。

 小山 子供の育脳からシニアの認知症まで、脳細胞そのものを育んだり活性化させたりする食事は一緒なんですね。ポイントはどのようなことでしょうか。

 林 4つあります。まず糖分をほどほどに。2つ目は抗酸化物質、つまり黄色野菜、果物、ナッツ、豆類、赤ワイン、オリーブオイルを取る。3つ目は良質の油、オメガ3の青魚です。

 小山 よく言われる地中海食ですね。

 林 そうです。それから4つ目は腹八分目、食べ過ぎないということです。

 小山 管理栄養士として考えると、野菜や果物は頑張れば取れる、食べ過ぎないも心がけでできますが、一番難しいのが青魚。1日の必要量100gをコンスタントに取っていくのがなかなか…。だからDHA、EPAのα-リノレン酸、オメガ3摂取継続が難しい。でも、アマニ油だったら小さじ1杯(4.6g)で、1日目標量の2.5gも取れるわけです。おみそ汁にアマニ油をたらしたり、トマトにさっとかけてみたり。スイーツに入れてもいいですね。

 (敬称略)

    ◇

 子供の育脳、大人の認知症予防のためには、林先生の「4つのポイント」を生活の中で無理なく続けることが大切。自分にあった方法を見つけましょう。

 ◆アマニ油入りシリアルヌガー

 <材料・15個分>

 ・マシュマロ………………………………1袋(110g)

 ・アマニ油…………………………………大さじ1

 ・スキムミルク……………………………大さじ3

 ・シリアル(食物繊維含有量の多いもの)……60g

 ・無塩ミックスナッツ…………………………50g

 ・オーブンシート………………………………1枚

 <作り方>

 (1)耐熱容器にキッチンばさみで半分に切ったマシュマロを入れて、全体にアマニ油をかけ、ラップフィルムを全体にかけておく。

 (2)(1)を電子レンジ(600W)で1分加熱する。

 (3)(2)にスキムミルクを加え、シリアルと刻んでおいたナッツをまぜる。

 (4)バットにオーブンシートを敷き、(3)を流して形を整え、冷蔵庫で冷やし固める。

 (5)食べやすい大きさに切る。

 レシピ=日本製粉(株)