プレゼント:「人の心は腸にあり長崎発★東洋医学医師田中保郎の挑戦〈2〉」を3人に

2013.07.10 216号 06面

 長崎に、うつ病やアルツハイマー、パーキンソン症候群を「脳」ではなく「腸」を診て治す医師がいる。長崎県諫早市にある西諫早病院東洋医学外来の田中保郎医師は、「うつ病もアルツハイマーも、脳なんか診とっても治らんばい。腸ば診んといかん」と言い、患者の腸を診察し、漢方薬を処方することで、数多くの「心の病」を治してきた。

 田中医師は、どのような考えから腸を通して「心の病」に取り組み、治療を行ってきたのか。患者のリアルな言葉も取材している同書を、読者3人にプレゼント。

 ★山中企画出版部・星雲社刊 四六判、192頁、1,200円(税別)。

 ●応募方法

 ハガキに(1)7月号の感想(2)氏名(3)年齢(4)〒住所(5)電話番号(6)応募の理由を明記し、8月15日までに郵送(当日消印有効)。厳正な抽選の上、当選者を決定し発送をもって発表にかえます。

 あて先は、〒105-0003東京都港区西新橋2-21-2 第1南桜ビル 日本食糧新聞社・百菜元気新聞「人の心は腸にあり」プレゼント係まで。

 ※応募された個人情報については当目的以外には使用しません。