アメリカ食品産業トレンド(2)アメリカのオーガニック食品市場

2020.02.01 274号 76面

 オーガニック食品は、アメリカの食品市場では自然食品と共に大きな流れをつくっており、オーガニック・トレード協会(Organic Trade Association:OTA)によると2018年の売り上げは479億ドルと、食品全体の売り上げの5.7%にまで達している。  オーガニック食品の売り上げの伸びは、1990年代の終わりごろから2000年代の初めにかけて2桁台に達し、リーマンショック後に1桁台に落ちたが、その後14年(11.1%)、15年(11.0%)と再び2桁台に戻った。

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら