コーデックス「食品衛生の一般原則」改訂のポイントと運用課題(1)翻訳の動機

2021.11.01 295号 32面

 ◆コーデックス「食品衛生の一般原則 2020年改訂」翻訳の動機
 1962年、国際連合の二つの専門機関、国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)が合同で食品の国際規格(コーデックス)を作るためにコーデックス委員会を設立、国際食品規格となる「食品衛生の一般原則」(CAC/RCP1-1969)と、その付属文書であるHACCP7原則とその適用のためのガイドラインが策定され、2020年9月に改訂が行われた。当連載では、その改訂の背景やポイントなどに