実践!食品工場の生産性向上策 コストダウンのヒント(10)操業度平準化対策の進め方

2013.07.01 195号 62面

   操業度平準化対策とは、食品工場において、安定的な収益を出すために、週単位・月単位・年単位の工場の操業度を均一にすることにより、閑散期の余剰人員を極力減らす手法のことである。操業度平準化対策のポイントは、さまざまな手段を組み合わせるほかに、インプットとなる販売計画の精度の向上を図ることが極めて重要である。  ◆操業度平準化の必要性  食品企業において