山崎製パン、2月1日から「春のパンまつり」 白いお皿、今年は花びらモチーフ

 山崎製パンは、2月1日から4月30日の期間で、「白いお皿」のキャンペーンとして人気のヤマザキ「春のパンまつり」=写真=を実施する。今年の景品は、花びらの形をモチーフにした「白いフローラルディッシュ」を選定した。同品は、幅約19cm、奥行き約19cm、高さ約2cmで、食パンに最適なサイズとなっている。トーストやサンドイッチ、さらには、ワンプレートメニューからハンバーグなどの夕食のメーンディッシュ用まで幅広く活用することができる。さらに、ダブルチャンスとして「大きなエコバッグ」(縦約50cm、横約35cm、マチ約14cm)を抽選で5万人にプレゼントする。大きめのサイズで、買い物だけでなくさまざまな用途で使うことができる。「白いフローラルディッシュ」に付いている応募シール1枚1口で応募できる。

 1981年にスタートした「春のパンまつり」は、今年で39回目を迎える長寿キャンペーンで、毎年、さまざまなタイプの「白いお皿」をプレゼントしてきた。昨年の「白いスクエアディッシュ」は好評を得て、約1500万枚をプレゼントした。第1回から前回までの累計交換枚数は約5億枚を数え、日本の人口で換算すると、国民1人当たり約4枚を交換していることになる。同社ホームページでは、歴代の「白いお皿」を紹介している。「白いお皿」は、フランスに本社がある世界最大のガラス食器メーカー、アルク・フランス社製の実用性の高い皿。材質はガラスで、オパール加工と呼ばれる手法で全面強化されており、普通のガラスに比べ3~5倍の強度がある。

 期間中、「ロイヤルブレッド」「超芳醇」「ダブルソフト」などの食パン主力商品や「ロイヤルブレッドバターロール」「ランチパック」「薄皮つぶあんぱん」などの対象商品に貼付された点数シールを25点分集めると、ヤマザキ商品取扱店で、必ず1枚プレゼントする。なお、北海道地区は季節感を配慮して3月1日~5月31日までの期間で実施する。

 (青柳英明)

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら