マルハニチロ、LLC事業から撤退へ

 マルハニチロの米岡潤一郎副社長・食品部門統括は3日、LLC(ロングライフチルド)事業からの撤退を明らかにした。専用生産拠点である宇都宮工場での商品生産を今上期までに停止する。同工場は今後、成長エンジンと位置付ける冷凍食品のライン設置を軸に活用策を検討しているもよう。昨年12月の会見で同氏は、LLC商品「至福の一皿」シリーズについて「売上げ・利益とも改善傾向だが、赤字が続いている。今期中に考え方を整理したい」と述べていた。  同社は15年春に“LLC製

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら