キユーピー、AI活用の原料検査装置をグループに展開へ

調味 ニュース 2019.02.18 11837号 01面

 キユーピーは、惣菜原料のカット野菜の検査に、AI(人工知能)を活用した自社開発の原料検査装置を導入し、運用を開始した。惣菜原料のカット野菜の検査に活用するのはグループ初となる。導入したのは、ポテトサラダなどに使用する「いちょう切り」のニンジンの検査工程で、キユーピーグループで惣菜の製造・販売を行っているデリア食品の惣菜工場で1月から導入して、運用・検証を行っている。  キユーピーは、16年にAIを活用した原料検査装置の開発に着手し、18年8月からベビーフードに使用する冷凍の

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら