ローソン、「レジロボ」効果実証 180億円コスト削減可能に

小売 ニュース 2017.07.12 11557号 10面

 ローソンは、17年2月に「ローソンパナソニック前店」(大阪府守口市)で、電子タグ(RFID)対応の完全自動セルフレジ「レジロボ」の実証実験を行った。会計時間は最短25秒、来店客の25.7%が利用、利用客の67%が満足という結果が得られた。  慶應義塾大学と流通システム開発センターが6日に開催した「第13回EPC RFIDフォーラム」の講演で明らかにしたもので、「試算ではRFID対応レジロボで全店合計年間約180億円コスト削減できる」(白石卓也ローソン執行役員オープンイノベー

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら