日本産酒類の輸出振興 自民党PT、総合的戦略検討求める

酒類 ニュース 2016.04.08 11336号 01面

 自民党の食料産業調査会・財務金融部会合同の日本産酒類振興プロジェクトチーム(PT)は5日、中間取りまとめを行った。ウイスキー、日本酒など日本産酒類の輸出は伸びしろが大きいとして、物流基盤の整備、日本酒原料米の需要に応じた生産と安定的な取引などを戦略として挙げ、財務省、農林水産省など関係省庁に2017年度予算の要求に向けて必要な施策を検討するよう求めた。  日本産酒類PTは、同党の日本食文化普及推進議員連盟が昨年末にまとめた日本酒の輸出額1兆円を目指した提言を受けて発足。業界

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら