厚労省検討会、許可業種を整理 HACCP義務付けに向け

総合 ニュース 2019.03.04 11843号 01面

 HACCP義務付けに向けて厚生労働省の食品の営業規則に関する検討会は2月28日、委員や業界団体の意見などを踏まえて取りまとめを行った。修文した後、4日の週にもパブリックコメントの募集を始める。今まで食品衛生法で34の業種で営業許可が必要で、さらに地方自治体によってはそれ以外の業種にも上乗せの許可制度が適用されているが、それらを整理した。  HACCPの義務付けには、監視指導を行う地方自治体による食品事業者の把握が必要になり、許可制度のほかに図面などを提出しなくてもよい届出制

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら