日本コカ・コーラ、「持続可能な農業」推進 生産者との相互理解進む

飲料 ニュース 2016.12.26 11459号 16面
「綾鷹」を手にする遠藤誠司部長

「綾鷹」を手にする遠藤誠司部長

 日本コカ・コーラは、国内の生産者の農家と協業し、「持続可能な農業」を目指す取組みを進めている。これは、20年までに、飲料の原材料となる主要な農産物を持続可能な供給源から100%調達することを目指す取組みだ。具体的には、持続可能な農業の指針の取引産地基準「SAGP(持続可能な農業の基本原則)」を定め、国内では茶系飲料の茶葉の産地での普及を図り、農業の持続性を高める取組みを行っている。「SAGP」は食品安全や環境保全、農場管理システム、農業現場の人権や職場環境についても指針を設

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら