こうや豆腐に糖尿病予防効果 胆汁酸更新がエネルギー亢進促す こうや豆腐普及委員会

農産加工 ニュース 2016.11.09 11440号 03面
こうや豆腐による糖質排出効果の仕組みを解説する研究チーム

こうや豆腐による糖質排出効果の仕組みを解説する研究チーム

 【長野】こうや豆腐メーカーでつくる「こうや豆腐普及委員会」は、こうや豆腐を一定期間食べ続けると糖質代謝の促進が期待でき、糖尿病の予防や改善につながる可能性がある発表した。同委員会の村澤久司技術部門長(旭松食品研究所)は「日常の食による大きな成果。さらに基礎研究を重ねていく」と話している。  研究チームが行ったヒト試験の結果、こうや豆腐の継続摂取で糖尿病の指標、血中HbA1cが低下することが判明した。試験は、長野県内に住む49~62歳の男女8人に、こうや豆腐を1日1枚(約16

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら