「食品ヒット大賞」に見る平成のヒット商品総括 時代色濃く反映

総合 ニュース 2019.02.06 11832号 01面

 平成の時代がいよいよ幕を閉じるが、この30年間に食品・酒類業界の成長発展へ大きく貢献した商品は何か--。日本食糧新聞社が主催する「食品ヒット大賞」の平成元年~30年度(1989~2018年度)における大賞受賞商品を振り返り、売上げのインパクトや技術力を含む新価値創造性、継続性などの視点から探った。キリンビールの「一番搾り生ビール」(90年受賞)を筆頭に、日清食品「ラ王」(92年)、サントリー「伊右衛門」(04年)、明治「明治プロビオヨーグルトPA-3」(15年)の4品=写真

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら