大日本印刷、SIGと合弁会社設立 無菌紙容器に参入

合弁会社設立に向けて握手をする大日本印刷の北島義斉副社長(中央)とSIG社のロルフ・シュタングCEO(右から2人目)ら

合弁会社設立に向けて握手をする大日本印刷の北島義斉副社長(中央)とSIG社のロルフ・シュタングCEO(右から2人目)ら

革新的な紙容器で飲料・食品の新しい可能性を創造する

革新的な紙容器で飲料・食品の新しい可能性を創造する

 大日本印刷(DNP)は飲料や食品向け紙容器の世界的大手であるSIG Combibloc Gloup(本社=スイス、以下SIG社)と日本国内に合弁会社を設立し、日本の無菌紙容器業界に参入する。新しい機能を持つ革新的な形状の飲料・食品用紙容器と充填(じゅうてん)システムを提供し、国内企業が開発する商品の差別化や価値向上を支援する。4年後の22年に国内の無菌紙容器市場でシェア10%、売上げ50億円を目指す。(涌井実)  両社は16年5月に日本国内での協業に合意。日本市場における販

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら