レンゴー、「65歳定年」導入

 レンゴーは19年4月から「65歳定年」を導入する。60歳以降も給与・賞与などの処遇は59歳以前と変わらない。一律的な役職定年も設けない。  現在の定年は60歳だが、05年に65歳まで再雇用できる制度を法整備に先駆けて導入した。その後13年の改正高齢者雇用安定法施行後は、原則として希望者全員を65歳まで再雇用してきた。  高齢者の活用をさらに進めるため、かねて労働組合と「生涯現役」を労使共通のスローガンとして精力的に議論を重ね、

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら