ヤクルト本社とサノフィ、抗がん剤でコ・プロ契約 治療の選択を提供

総合 ニュース 2017.02.15 11485号 03面

 ヤクルト本社は医薬品などの開発・製造・販売を行うサノフィと共同で、抗悪性腫瘍剤「アフリベルセプト ベータ(遺伝子組み換え)」の日本におけるコ・プロモーション契約を締結した。この契約で、より多くの結腸・直腸がん患者に新しい治療の選択を提供することが期待される。  「アフリベルセプト ベータ」は、がんの増殖や転移に関与するVEGF-A、VEGF-Bおよび胎盤増殖因子(PIGF)に作用する分子標的治療薬。海外では12年8月に米国食品医薬品局(FDA)に初めて承認されて以来、現在7

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら