ミニストップ、チルド寿司など即食商品を強化 軽減税率備え外食取り込む

小売 ニュース 2016.03.16 11327号 04面

 ミニストップは、16年度の商品戦略としてチルド寿司など即食商品やデイリー商品の強化に力を入れる。17年4月の消費税率引き上げに伴う軽減税率の導入で外食からの新規客の増加を見込んで、16年度から商品と設備で準備する。強みのコールドデザートや揚げ直しするホットスナックで大手チェーンと差別化する。日常使いとして豆腐やパウチ惣菜などデイリー商品や冷凍食品も増やす。設備もオープンケースの増設や2温度帯弁当ケースの導入、イートインコーナーの席数も増やす考え。(山本仁)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら