HOSTミラノ展に見る 世界の食事情(下)パティスリー界発展へ

総合 連載 2019.12.09 11982号 05面
イジニオ・マッサーリ氏(左)と寺井則彦氏

イジニオ・マッサーリ氏(左)と寺井則彦氏

 イタリア・ミラノで10月18~22日にホテル、外食向けの食品総合見本市「HOST」が開催された。HOST展では800ものイベントが開かれたが、その中でも目を引いたのがイタリア菓子業界の巨匠イジニオ・マッサーリ(Iginio Massari)氏による世界のラグジュアリーペストリーだ。世界の名だたるパティシエ25人が入れ代わり立ち代わり、さまざまなプレゼンテーションを行い、パティスリー業界の発展に向けて取組みを紹介した。  同イベントの仕掛け人であるマッサーリ氏は、16歳で菓子

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら