東京工科大学特集

東京工科大学特集:大山恭弘学長 実学主義教育で社会貢献 次代担う技術者を育成

総合 2020.08.12 12095号 14面
大山恭弘 学長

大山恭弘 学長

 「実学主義を通じた教育で社会貢献を目指したい」という東京工科大学の大山恭弘学長(専門はロボット、制御工学など)。大山学長は、時代の流れとともに次代を担う技術者を育てるため、大学とともに成長してきたと振り返る。昨年度まで副学長を務め、軽部征夫前学長の突然の訃報を受け、4月1日から学長に就任。軽部前学長の意思を引き継ぎ、東京工科大学のかじ取りを進める大山学長に同大学の将来像を聞いた。(文責・阿久津裕史)  --経歴を教えてください。  大山 ロボットの勉強をしたくて東京工業大学

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 東京工科大学特集

    東京工科大学特集

    総合

     東京工科大学は1986年の開学以来、東京・八王子と蒲田に二つのキャンパスを構え、医療保健学部、応用生物学部、工学部、コンピュータサイエンス学部、デザイン学部、メディア学部の合計6学部と大学院を開設してきた歴史がある。ま […]

    詳細 >